/

欧州市場の主要指標11時半 ポンド上昇 欧州株高

【NQNロンドン】18日午前のロンドン外国為替市場で、英ポンドは対ドルで上昇している。英国時間11時半時点では、前日の16時時点に比べ0.0090ドルのポンド高・ドル安の1ポンド=1.3970~80ドル。

米連邦準備理事会(FRB)は17日に2023年末までゼロ金利政策を維持する方針を示した。早期利上げ観測が後退し、ドルが主要通貨に対して売られている。ただ、18日の米長期金利の上昇に伴い、ドルの下げ幅はやや縮まっている。

ユーロも対ドルで上げている。前日の16時と比べて0.0040ドルのユーロ高・ドル安の1ユーロ=1.1940~50ドル。

円は対ドルで小幅高。同20銭円高・ドル安の1ドル=109円ちょうど~10銭で推移している。

英株価指数のFTSE100種総合株価指数は11時半時点で、前日の終値に比べ0.1%安。18日正午の英イングランド銀行(中央銀行)の金融政策委員会を控え、様子見姿勢が広がっている。個別では、投資関連のM&Gの下げと情報・出版のインフォーマの上昇が目立つ。

その他の欧州各国の主要株式相場は上昇。米利上げ観測の後退で買いが優勢となっている。欧州主要600社の株価指数であるストックス600は前日比で0.3%高だった。

ロンドン原油市場(ICEフューチャーズ)で北海ブレント先物相場は1バレル67.88ドル付近に小幅安。ロンドン地金市場協会(LBMA)の金価格は1トロイオンス1732.17ドル前後に下げている。米長期金利の上昇で、金利の付かない金の投資妙味が低下し売られている。ロンドン金属取引所(LME)で銅先物相場は上昇している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン