/

ドイツ株4日 反落 ガス価格上昇で景気懸念

【NQNロンドン=菊池亜矢】4日のフランクフルト株式市場でドイツ株価指数(DAX)は反落した。前週末に比べ39.65ポイント(0.31%)安の1万2773.38で終えた。供給停止の不安から天然ガス先物価格が大幅に上昇しており、ドイツ経済への悪影響を懸念した売りが出た。4日発表の5月の独貿易統計で、輸出が前月比で減少したのも投資家心理を冷やした。自動車株や小売株に売りが出た。

欧州主要600社の株価指数であるストックス600は前週末に比べ0.54%高だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン