/

この記事は会員限定です

円安加速、111円目前 輸入勢も動く コロナ前うかがう

[有料会員限定]

外国為替市場で円安・ドル高が加速している。31日の東京の取引時間帯には1ドル=111円目前まで売られた。円の先安観が広がり、国内輸入企業からも売りが出た。米景気回復への期待から米長期金利が上昇基調にあり、ドル買いが続くとの見方は強い。新型コロナウイルスの感染が拡大する前である2020年2月に付けた安値112円23銭もうかがう勢いだ。

31日昼すぎの東京市場で、円は110円97銭近辺まで下落した。2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り706文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン