/

この記事は会員限定です

車生産、強い計画に下振れリスク ルネサス火災が影

[有料会員限定]

現時点で3月以降に増加見込みの自動車生産は下振れリスクが高い。経済産業省が31日に発表した3月の製造工業生産予測指数で、自動車を含む「輸送機械工業」の生産計画は3月が季節調整済みで前月比5.1%の上昇、4月は3.2%上昇となっている。この予測には、半導体大手ルネサスエレクトロニクスの工場火災の影響が織り込まれていない。2月実績で響いた半導体不足は今後の自動車生産でも尾を引くだろう。

経産省が同時に発表した2月の鉱工業生産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り889文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン