/

この記事は会員限定です

シンガポール株30日 3日ぶり反発 値ごろ感、3大金融に買い 金融政策維持観測も

[有料会員限定]

【NQNシンガポール=秋山文人】30日のシンガポール株式相場は3日ぶりに反発した。主要株価指数であるST指数の終値は前日比12.39ポイント(0.40%)高の3086.70だった。前日までの続落で値ごろ感が強まり、DBSグループ・ホールディングスなど3大金融機関に買いが入った。

新規感染者数の増加と行動規制は引き続き相場の重荷となっている。一方、シンガポール金融通貨庁(MAS)の半年に1回の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン