/

この記事は会員限定です

株、懸念は供給から需要へ 小売り決算に暗雲

[有料会員限定]

30日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前引けは前日比442円(1.67%)安の2万5979円だった。景気減速への懸念が強まるなか、市場関係者の悩みの種は供給制約から需要動向に移りつつある。コスト増も相まってこれから本格化する小売り決算に暗雲が垂れこめる。

午前は自動車や半導体関連など景気敏感株の下げがきつかった。世界的な金融引き締めが続くとの見方から景気減速に対する警戒が増している。楽...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り822文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません