/

この記事は会員限定です

<東証>任天堂が続落 年明けも半導体供給不足を懸念

[有料会員限定]

(14時30分、コード7974)任天堂が4日続落している。午前には前日比1600円(2.9%)安の5万3160円を付けた。ゲーム機に対する需要が旺盛となるクリスマス・年末商戦が終わり、年明け以降はゲーム機の販売台数が減少するという季節的な要因を意識した売りが出ているとの声が聞かれた。半導体供給不足が続き、年明け以降も主力ゲーム機の供給が停滞するとの報道も引き続き売り材料視されている。

エース経済...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン