/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト 21年上昇観測もIT割高の声 マネーはオルタナティブへ

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=横内理恵】米政府の追加経済対策の成立や、新型コロナウイルスワクチンの普及期待などから、投資家が運用リスクを取りやすい地合いが続いている。29日のダウ工業株30種平均は前日比68ドル安の3万0335ドルと4日ぶりに反落したが、引け間際に下げ渋るなど下値は堅かった。低金利環境の長期化観測などから米国株の先高観は強く、2021年も相場を支えそうだ。

20年の米国株はコロナ禍で上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1098文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン