/

この記事は会員限定です

なお高い貯蓄率 守り固める家計

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で、消費者は財布のひもを締めている。内閣府が29日に公表した2020年7~9月期の家計の貯蓄率(季節調整値)は11.3%だった。1人10万円の給付金で急上昇した20年4~6月期からは大幅に低下したが、過去の水準と比べるとなお高い。所得の減少に身構える家計は守りを固めている。

7~9月期の可処分所得7.3%減、貯蓄率11.3%

貯蓄率は20年4~6月期に21.8%とかつ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1875文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン