/

この記事は会員限定です

改善する出荷・在庫バランス 10~12月期の鉱工業

[有料会員限定]

鉱工業の出荷と在庫のバランスが改善している。2020年10~12月期は、新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ出荷の前年に比べた減少幅が大幅に縮小し、在庫のマイナス幅を下回った。出荷の伸びから在庫の伸びを差し引いて計算する「出荷・在庫バランス」は、約3年ぶりにプラス圏へ浮上した。景気変動にとって重要な在庫循環は望ましい状況になりつつある。

17年7~9月期以来のプラス

経済産業省が29日に発表し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1454文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン