/

この記事は会員限定です

<東証>ソフトバンクGが一進一退 「ウィーワークが上場検討」報道で買い先行も相場軟調で

(更新) [有料会員限定]

(9時50分、コード9984)ソフトバンクグループ(SBG)が一進一退。寄り付き直後に一時、前日比125円(1.5%)高を付けたが、その後は下落に転じた。日本経済新聞電子版は29日、「米シェアオフィス大手でSBGが筆頭株主のウィーワークが上場を検討している」と報じた。上場に向けた動きが加速しているとの見方から買い優勢で始まったが、相場の軟調に合わせる形で売りが続いている。

報道によると通常の新規株式公開(IPO)では...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り236文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン