/

この記事は会員限定です

円、110円台視野に 勢い増すドルの強気派

[有料会員限定]

外国為替市場でドルに対する強気の見方が勢いづいている。バイデン米政権が検討中である3兆ドル規模の追加経済対策が米長期金利の上昇を促している。欧州では新型コロナウイルスの感染再拡大で経済の先行き不透明感が強く、ドル買い・ユーロ売りが続いているのも背景だ。円の対ドル相場は昨年3月以来、1年ぶりとなる1ドル=110円台が視野に入ってきた。

26日の海外市場では109円84銭近辺と昨年6月以来、9カ月ぶり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1131文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン