/

この記事は会員限定です

株、野村急落が映す投資家の過剰リスクテイク 変動率上昇に不安も

[有料会員限定]

29日午前の日経平均株価は続伸し、前引けは前週末比307円高の2万9484円だった。前週末の米ダウ工業株30種平均の最高値更新を受けて買いが先行したが、徐々に上げ幅を縮小した。3月期末が接近し積極的に持ち高を形成する国内機関投資家が限られているほか、米投資会社に関連する巨額の相対取引を巡る先行き不透明感も意識されているようだ。

29日は3月の権利付き最終売買日にあたる。配当権利取りや将来に受け取る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り950文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン