/

この記事は会員限定です

株、リオープニング相場はお預けか 海外発リスクに警戒強まる

[有料会員限定]

29日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅に続落した。午前の終値は前日比741円安の2万9442円。9月末の配当権利落ち分の181円程度を考慮しても下げは大きかった。米長期金利の上昇を背景に相対的な割高感が意識されたグロース(成長)株への逆風が強まったうえ、半導体関連銘柄が失速した。アジア株安も重なって下げ幅を広げた。

午前の東京市場で下げが大きかったのはアドバンテスト東京エレクトロンといった半導体関連銘柄だ。エムスリーのようなグロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1277文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン