/

この記事は会員限定です

株、7月相場に落ちる影 五輪不安と米消費変質

[有料会員限定]

29日は受け渡しベースで7月相場入りとなるが、日経平均株価は午前に一時300円超下げるなど上値視界が晴れない展開が続く。最高値圏で推移する米国株には水をあけられるばかりだが、買いに積極的になれない背景には7月以降に影を落とす日本固有の懸念材料もある。

ブーケ・ド・フルーレットの馬渕治好代表は23日に開幕する東京五輪について「海外投資家から新型コロナウイルス感染拡大を心配する問い合わせが増えている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1075文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン