/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト 個人投資家に包囲網 投機売買応酬の影響読めず

(更新) [有料会員限定]

28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発した。前日比300ドル(1.0%)高の3万0603ドルで取引を終えた。ネット証券などによる取引制限を受けて、特定の銘柄に対する個人投資家による投機的取引がひとまず一巡するとの見方が強まり、投資家心理の悪化に歯止めがかかった。ただ、そうした銘柄などの売買を巡ってヘッジファンド(HF)などの損失は膨らんでおり、市場全体へ影響は今後見極めていく必要がある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1305文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン