/

この記事は会員限定です

株、節目前にブレーキ 買い手不在に漏れる嘆息

[有料会員限定]

27日午前の日経平均株価は前日比168円高の2万6772円だった。前日の米株高を受けて心理改善から上げ幅は一時300円を超えたが、節目の2万7000円を前に戻り待ちの売りなどに押された。半導体関連株への買い戻しやインバウンド関連への物色も見られた一方で日本株全体の浮揚にはつながっていない。積極的な買い手不在の様相となっており、市場関係者からも嘆息が漏れる。

27日午前の東京市場では東京エレクトロン

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1189文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン