/

この記事は会員限定です

株、内閣支持率上昇は重荷か 市場は成長戦略の後退に身構え

[有料会員限定]

27日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落した。前引けは前週末比71円安の2万8711円だった。朝方は小幅に反発して始まったが、ほどなく下落に転じた。大納会に向けて株式相場が上昇する「掉尾(とうび)の一振」を前に足踏みを続ける日本株の上値を重くする要因の1つに「内閣支持率の上昇」を挙げる声がある。

クリスマスや年末で休暇入りする投資家も多く、東京市場では薄商いが続く。27日前場の東証1部の売買...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り972文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン