/

この記事は会員限定です

株、主役はまだ決算プレー 森が見えるのはGWの先に

[有料会員限定]

27日午前の東京株式市場で日経平均株価は方向感のない動きだった。前引けは79円安の2万9047円だった。相場全体を動かす材料に欠け、決算発表を受けた個別物色が広がる。きょうも日東電が下げるなど好決算発表を待ち構えていたかのような決算プレー(決算発表後の短期の値幅取り)による売りが出た。注目企業の決算が相次ぎ、本格化しているようにもみえるが、発表のピークはまだ先だ。

ファストリ東エレクといった値がさ株が支えても、午前の日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り906文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン