/

この記事は会員限定です

<東証>良品計画が一時6%超安 ウイグル問題で連想売りか

[有料会員限定]

(13時45分、コード7453)良品計画が反落した。午前の取引で一時、前日比181円(6.8%)安の2494円まで下げた。新疆ウイグル自治区の強制労働問題を巡り、中国で事業を展開する外資系のアパレル企業に対して中国のSNS(交流サイト)で批判が広がり、不買運動に発展するケースも出ている。株価が大きく下落する銘柄もあり、同様に中国で事業を展開する良品計画にも連想による売りがかさんだもようだ。ただ、足元では下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り209文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン