/

この記事は会員限定です

「需要不足34兆円」どこへ 対策規模に反映、疑問の声も

[有料会員限定]

内閣府が26日に公表した2020年10~12月期の需給ギャップ(GDPギャップ)はマイナス3.3%で、それをもとに計算した需要不足額は年率換算で18兆円程度となった。20年12月に政府が決めた追加経済対策で、規模の議論の土台になったのは20年7~9月期の需要不足額で34兆円程度だったが、10~12月期はそこから縮小した。今回の経済対策の規模を需要不足額から求めていったことには、専門家から疑問の声も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1620文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン