/

この記事は会員限定です

株、160億ドルファンドが映す「バリューシフト」一服 出口想定で銘柄選別難しく

[有料会員限定]

26日午前の日経平均株価は小幅に続伸し、前引けは前日比50円高の2万8604円だった。米長期金利の上昇一服で買いが入った。世界経済が新型コロナウイルス禍から回復するなかで株価指標面で割安なバリュー株買いが続いてきたが、ポジションの偏りもみられる。いずれ訪れる金融緩和の縮小を視野に戦略を描かなければならず、銘柄選別の難しさが増している。

前日の米市場では長期金利が一時1.55%と約2週間ぶりの低水準...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1126文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン