/

この記事は会員限定です

株、日米で「売られすぎ」サイン点灯 2万7000円割れも底堅さ

[有料会員限定]

26日午前の日経平均株価は続落し、前日比107円(0.4%)安の2万7024円となった。米金融政策への警戒から米株の下げが止まらず、東京市場でも運用リスクを回避する売りが優勢だった。取引時間中に日経平均は一時2万7000円を割り込んだが、底堅さもみせた。日米株に点灯した「売られすぎ」のサインが支えになっている。

「日経平均の一段安への警戒が高まっている」(大手銀行トレーダー)。それを示すのが株価...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り826文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン