/

米素人集団、ヘッジファンドを締め上げ勝利

自宅待機で時間を持て余すミレニアル世代の若者たちが、SNS(交流サイト)チャット・サイト上で団結して、ヘッジファンドの空売りを締め上げた。いわゆるショートスクイーズ(空売り投資家による損失覚悟の買い戻し)である。

呼びかけに応じて束になって手向かったとはいえ、巨額の資金力を持つヘッジファンドを、どのようにしてタジタジに追い込めるのか。

ポイントはオプションの活用だ。

コールオプションは、少ない元手で一定期間、特定の株価で株式を購入できる権利を得る。顧客が払うのはオプションプレミアムと呼ばれる掛け捨て保険料だけだ。従って、損失もその保険料の範囲に限定される。

ニューヨーク(NY)株式市場では、ゲームストップというビデオゲーム小売りチェーンの株式が標的にされた。同社株はヘッジファンドが空売り攻勢を仕掛けている。

そこで、個人投機家集団は同社株のコールオプションをSNS上の呼びかけに応じて買いまくったのだ。それも、保険料の安いコールオプションが狙われた。現株価を大幅に上回る株価を買う権利などは、実現可能性が低いから安く買える。業界では「ポンカス」と呼ばれるが、宝くじのようなものだ。従って、自宅待機で時間を持て余す投資初心者でも十分に買える範囲である。

では、これで、なぜ空売り仕掛けたヘッジファンドが慌てふためくのか。

ポイントは、個人顧客集団に大量の「ポンカス」コールオプションを売った業者側にある。

いくら実現性が低い価格で「買う権利」とはいえ、総額が膨らむと、万が一に備え、ヘッジでゲームストップ株を買っておく必要が生じるのだ。

昨日のようにバッタの集団のごとく買い注文殺到となると、心理的にもヘッジせねば、との緊迫感が高まる。

その結果、株価がジワリ上がり始める。そうなると、個人投機家の買った「同社株を買う権利」の価格も上がり、さらに新たな買いを誘発する。すると、業者側もさらにヘッジの買いを増やす。買いが買いを呼ぶ連鎖で、昨日は短時間で数十%も急騰。

そこで、個人投機家集団はコールオプションの見切り売りに動く。同社株価は急落。

この個人投機家集団の異常な動きはここ数日見られたが、昨日ピークに達した感がある。

ビットコインをしのぐほどの価格変動性(ボラティリティー)ゆえ、NY証券取引所は1日9回も同社株式売買停止措置を発動せざるを得なかった。

バリュエーションなど全く見ない初心者軍団ゆえ、プロも持て余す。

株式市場をマクロで見れば、一部での異常な動きと片付けることもできる。

しかし、昨日は、この余波が、例えば、老舗百貨店メイシーズやフォードなどにも飛び火する兆候が見られた。

そもそも、このような投機行為が常態化すれば、無視できない存在となろう。

米証券取引委員会(SEC)も事態を重く受け止めているようだ。

バイデン新政権人事により指名された「規制のすご腕」ゲンスラー新SEC委員長の初仕事になるかもしれない。

「株価バブルの醜悪(ugly)な結末を暗示」するごとき異常な展開ゆえ、昨日のウォール街は、この話題で持ち切りであった。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン