/

この記事は会員限定です

<東証>トヨタが反落 「20年度は生産維持」も、今後の減産を懸念

[有料会員限定]

(10時35分、コード7203)トヨタが反落している。一時、前日比174円(2.3%)安の7503円と2020年12月10日以来、約1カ月半ぶりの安値をつけた。26日付の日本経済新聞朝刊は「20年度の世界生産(トヨタ・レクサス合計)が825万台程度になる見通しであることが25日わかった」と伝えた。20年11月時点の生産計画を維持する方針だが、足元の半導体不足の影響が今後の生産にどの程度影響するか懸念...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン