/

日経平均、米株高が追い風(先読み株式相場)

26日の東京株式市場で日経平均株価は反発か。前週末の米株式相場の上昇を受け、東京市場でも買いが先行するだろう。新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、政府は4都府県を対象に緊急事態宣言を発令した。悪材料出尽くしとなるのか見極める必要がある。注目企業の決算発表や大型連休を前に持ち高を一方向に傾ける動きが限られ、買い一巡後は上値が重くなりそうだ。

前週末23日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比227ドル高の3万4043ドルで終えた。米バイデン政権が富裕層を対象にした株式などの売却益にかかるキャピタルゲイン課税を引き上げるとの観測を巡り、株式相場に与える影響は限定的との見方が台頭。ハイテク株を中心に買いが広がった。

日本時間24日早朝の大阪取引所の夜間取引で日経平均先物は上昇した。6月物は前日の清算値に比べ250円高い2万9220円で終えた。

米株高を手掛かりに、26日の東京市場では買いが先行しそうだ。一方、国内の懸念材料も意識されるだろう。緊急事態宣言が4都府県を対象に発令された。変異ウイルスが広がるなか、感染者が減少に転じるのかどうかは不透明な要素が残っている。

25日投開票の3つの国政選では野党側が全勝。菅義偉政権の発足後初めての国政選とあって注目されていたが、与党が負けたことで政権の求心力に影響するとの見方も出ている。

国内では日東電工が21年3月期決算、キヤノンが21年1~3月期決算をそれぞれ発表する。日本フードサービス協会が3月の外食売上高を発表する。海外では、4月のドイツIfo企業景況感指数や3月の米耐久財受注が発表される。テスラが1~3月期決算を発表する。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン