/

この記事は会員限定です

台湾株25日 続落、1万6000下回る TSMCに売り

[有料会員限定]

【NQN香港=安部健太郎】25日の台湾株式市場で加権指数は続落した。終値は前週末比72.49ポイント(0.45%)安の1万5946.54と、節目の1万6000を下回った。時価総額が最大で、上場来の高値圏にある半導体の台湾積体電路製造(TSMC)が売られ、相場の重荷となった。一方、ハイテク企業を中心とした台湾経済回復への期待は根強く、全体としては値上がり銘柄数の多さが目立つ相場展開だった。

TSM...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン