/

この記事は会員限定です

<東証>ソニーと任天堂が軟調 半導体不足、ゲーム機生産にも影響との思惑

[有料会員限定]

(14時45分、コード6758、7974)ソニー任天堂が軟調。ソニーは一時、前週末比325円(3.1%)安の1万155円をつけた。任天堂も3%安まで下げた。半導体の供給不足が顕著になっているが「台湾積体電路製造(TSMC)をはじめ、供給側の優先度はスマホ、パソコン、データセンター、車載向けの順で、相対的に出荷数の少ないゲーム機向けは優先度が低い」(国内証券アナリスト)という。ゲーム機生産に対する影響の思惑が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り309文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン