/

この記事は会員限定です

<東証>住友商が反発 石油事業からの撤退報道「ESGスコア上昇で需給改善の見方」

[有料会員限定]

(9時55分、コード8053)住友商が反発している。一時、前週末比23円(1.6%)高の1440円まで買われた。24日付の日本経済新聞朝刊が「住友商が石油資源の新規開発から撤退する」と報じた。化石燃料ビジネスを大幅縮小して再生可能エネルギーに注力するもので「(調査機関が評価する)ESG(環境・社会・企業統治)スコアの上昇につながり、需給面が改善する可能性がある」(楽天証券経済研究所の窪田真之チーフ・スト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り378文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン