/

JPX日経400大引け 反落 294ポイント安の1万7107

25日のJPX日経インデックス400は反落した。終値は前日比294.53ポイント(1.69%)安の1万7107.85と、2021年8月20日以来およそ5カ月ぶりの安値となった。米金融政策の早期正常化への警戒やウクライナ情勢の緊迫化が意識され、投資家がリスクを回避する姿勢を強めた。

リクルート日本電産HOYAが下げ、KDDINTTアステラスが上げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン