/

シャープ、子会社のカンタツで不適切会計疑い 調査委を設置

シャープは25日、連結子会社でマイクロレンズユニットの設計や製造などを手掛けるカンタツ(東京・品川)で、不適切な会計処理の疑いが判明したと発表した。注文書や製品の出荷がないにもかかわらず売り上げを計上するなど、複数の不正が明らかになった。弁護士と公認会計士を含む調査委員会を同日付で設置し、調査を開始する。

シャープは連結売上高への影響について、現時点では100億円未満と見込んでいる。調査が完了し次第、業績に与える影響など開示すべき事項については速やかに発表するとしている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン