/

この記事は会員限定です

第一生命、国内債を積み増し、オルタナティブ投資を強化 22年度運用計画

[有料会員限定]

第一生命ホールディングス(8750)傘下の第一生命保険は25日、2022年度の資産運用計画を発表した。25年に導入予定の生命保険会社向けの新たな資本規制に対応するため、国内債券を積み増して金利リスクを削減させる。国内株式についてはリスク管理目的で売却を進める。半面、ヘッジファンドなどを通じたオルタナティブ投資については引き続き積み増し、収益力の向上を狙う。

25年に導入予定の新たな資本規制では、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り745文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン