/

この記事は会員限定です

株、2万7000円割れ迫る 押し目意欲は国内勢のみ

[有料会員限定]

25日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落し、前引けは前日比561円安の2万7027円だった。下げ幅は580円を超え、昨年来安値(2万7013円)を下回る場面があった。2万7000円に近づく水準では主力株を中心に押し目買いが入り値を戻す展開もみられるものの、市場では「押し目意欲を持つのは一部の国内投資家だけだ」との指摘がある。

投資家の不安心理が高まり、リスク回避ムードが広がっている。ウク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り998文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン