/

この記事は会員限定です

株、バリュー買いは春まで続く 「出荷>在庫」で素材産業に追い風

[有料会員限定]

25日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発し、前引けは前日比484円(1.63%)高の3万0156円だった。前日は3万円を割り込んで引けていたものの、早くも大台を回復しそうな勢いだ。けん引役となっているのは経済回復への期待をベースにしたバリュー(割安)株買いだ。金利動向次第ではあるものの、もう少し続くかもしれない。

追加経済対策による米景気の回復期待などを背景とした「よい金利上昇」が続くな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン