/

この記事は会員限定です

<東証>アドテストなど半導体関連が高い 社長「5Gミリ波関連で年2億~3億ドルの需要」

[有料会員限定]

(9時25分、コード6857)アドテストが反発している。一時、前日比250円(2.7%)高の9620円まで上昇した。24日に開いた中期経営計画の説明会で吉田芳明社長が「高速通信規格『5G』に対応した(超高周波数帯の)『ミリ波』関連の需要で年間2億~3億ドルを見込んでいる」と言及。半導体需要の力強さが改めて確認されたことで買いが入っている。

24日の米株式市場では金利上昇が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン