/

この記事は会員限定です

旭化成社長、供給網混乱「春以降に緩和へ」 景気討論会

[有料会員限定]

日本経済新聞社と日本経済研究センターは24日午後、景気討論会を開いた。旭化成の小堀秀毅社長は、世界で物価上昇率が高止まりしている背景について「(新型コロナウイルス禍からの)経済回復がみえるなかで需要が急激に増え、需要と供給のアンバランスが起きている」と話した。各国政府が実施した新型コロナ対応の財政出動で家計貯蓄が増加し、労働市場に人員が戻らず供給網に影響を与えている面もあるとした。もっとも「供給...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン