/

この記事は会員限定です

労働者の分け前、景気後退期に比率高まる皮肉

[有料会員限定]

経済全体に対する労働者の分け前の比率が高まっている。内閣府が24日に公表した2019年度の労働分配率は2年連続で上昇した。国内の景気は18年10月を山に後退局面に入った。労働者への報酬はすぐには減らず景気に遅行しやすいため、景気後退期には労働分配率が高まるという皮肉な傾向が強い。新型コロナウイルスの感染拡大で経済が急激に縮小している20年度は労働分配率が一段と上昇しそうだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1486文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン