/

この記事は会員限定です

<東証>海運株が大幅下落 「スエズ運河が通航不能」報道、利益確定売り

[有料会員限定]

(13時35分、コード9101)海運株が大幅に下落している。日本郵船は一時、前日比325円(8.3%)安の3575円まで下落した。商船三井(9104)は同7.8%安、川崎汽(9107)が同6.9%安まで下げた。海外メディアで「大型のコンテナ船が立ち往生してスエズ運河が通航不能になっている」と伝わり、不透明感から売りが出ているようだ。

東海東京調査センターの金井健司アナリストは「通航不能の第一報をみて売りの口実になってい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り345文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン