/

この記事は会員限定です

株、手詰まり感 2万7000円台への下落視野に

[有料会員限定]

24日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前引けは前日比530円(1.83%)安の2万8465円だった。欧州で新型コロナウイルスの感染が再拡大するなか、世界景気の回復の遅れが意識され景気敏感株を中心に下げた。日経平均はチャート形状も悪く、下値リスクが意識されやすいタイミングに入ったようだ。

「世界景気の回復期待がピークアウトしつつある」(みずほ証券の倉持靖彦マーケットストラテジスト)。きょう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1140文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン