/

この記事は会員限定です

株、突然の楽観に危うさ 米国「2年先まで織り込み済み」か

[有料会員限定]

24日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前引けは前日比269円(0.98%)高の2万7763円だった。新型コロナウイルスワクチンの普及期待を背景とした前日の米株式相場の上昇を引き継ぎ、幅広い銘柄に買いが入った。ただ、むしろ厳しさを増している国内外の実体経済や他の金融市場の動向を踏まえると、株価だけが先走りしている印象はぬぐえない。米株高頼みの突然の楽観傾斜は、地合いが悪化した場面での反動安...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1074文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン