/

日本株ADR23日、売り優勢 武田とみずほFGが下落

【NQNニューヨーク=張間正義】23日の米国株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は売りが優勢だった。同日の米株式市場でハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数が続落し、日本株ADRでも売られる銘柄が目立った。武田みずほFGが下落した。キヤノンソニーも安い。一方、ホンダトヨタは上昇した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン