/

この記事は会員限定です

株、調整相場に新たな不安 キャピタルゲイン増税が重荷

[有料会員限定]

23日午前の東京株式市場で日経平均株価は204円安と反落し、下げ幅は400円を超える場面もあった。前日の米株式相場がキャピタルゲイン課税の増税報道を受けて下落し、日本株にも売りが波及した。このところ、新型コロナウイルスの感染拡大や「期待に届かない」企業業績が日本株の重荷となっていたが、相場をさらに下押ししかねない新たな不安材料が加わった格好だ。

複数の米メディアが22日、株式などの有価証券の売却益...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り946文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン