/

メルカリの21年6月期、50億円の最終黒字予想に上方修正 国内の取引好調

(更新)

フリマアプリ大手のメルカリ(4385)は23日、2021年6月期(今期)の連結最終損益が50億円の黒字(前期は227億円の赤字)になりそうだと発表した。従来予想はトントン~21億円の黒字で、上方修正した。国内での取引が好調だったことに加え、スマホ決済サービス「メルペイ」で、月々の支払い上限をあらかじめ設定する定額払いの利用が増加した。

売上高の予想は39%増の1060億円と従来予想(1030億~1060億円)の上限となる。広告宣伝費の削減も寄与し、営業損益は45億円の黒字(前期は193億円の赤字)と従来予想(15億円の赤字~15億円の黒字)の上限を上回る見通し。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン