/

この記事は会員限定です

株、1兆円再投資も乏しい上昇機運 武田11連騰が示す「新常態」

[有料会員限定]

23日午前の東京株式市場で日経平均株価は反発した。前日までの2営業日で1000円超下落した反動で自律反発狙いの買いが優勢だったが、上値の重さもみられた。米長期金利の急上昇や、日銀の上場投資信託(ETF)買い入れ方針変更に相場が翻弄されているうちに気づけば期末が接近している。例年期末といえば、恒例の需給イベントで相場が上がりやすくなると期待されてきたが、今年はここにも日銀の方針変更が影を落としそう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1006文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン