/

この記事は会員限定です

<東証>富士フイルムが反発 「アビガン治験再実施」を好感

[有料会員限定]

(9時40分、コード4901)富士フイルムが反発し、一時前週末比54円(0.9%)高の6392円を付けた。21日付の日本経済新聞が「新型コロナウイルス感染症の治療薬候補『アビガン』を巡り、4月にも国内で臨床試験(治験)を再び実施する方針を固めた」と伝えた。「アビガンは保管など投与にかかるコストが低いため、治験を経て承認されれば国内で利用が拡大すると期待できる」(岩井コスモ証券の斎藤和嘉シニアアナリスト)との見...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り260文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン