/

この記事は会員限定です

株、買い戻し続く 円安支援にも悩む物色の矛先

[有料会員限定]

3連休明け22日午前の東京株式市場で日経平均株価は6日続伸した。午前の終値は前週末比415円(1.6%)高の2万7242円だった。15~16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を通過し、海外勢からの買い戻しが継続している。足元の円安進行が支援材料となる半面、原油高によるインフレ加速や業績への悪影響を懸念して物色面で悩む投資家も多い。

22日の東京市場で円相場はおよそ6年ぶりに1ドル=120円台の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン