/

この記事は会員限定です

高所恐怖もそろり買い パナソニック、シャープに熱視線

[有料会員限定]

22日午前の東京市場で日経平均株価は反落した。歴史的な株高局面で次の節目の2万9000円が近づくなか、「高所恐怖」の投資家が少なくない。ただ、来週から始まる2020年4~12月期の決算発表シーズンを前に、業績に期待ができる銘柄にはしっかりと買いが入っている。

足元で上昇が目立つのがパナソニックシャープの大手電機2社だ。連日、そろって年初来高値を更新している。

パナソニックは今年6月にトップ交代を控え、長年の課題だっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り811文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン