/

JPX日経400大引け 反落、2カ月ぶり安値 236ポイント安の1万7278

21日のJPX日経インデックス400は反落した。終値は前日比236.77ポイント安の1万7278.52だった。7月19日以来およそ2カ月ぶりの安値。米連邦準備理事会(FRB)の積極的な金融引き締めが続くとの警戒から、運用リスクを回避する売りが優勢だった。前日の米株安や21日のアジア株安も重荷となった。

JマテリアルマネックスGが下げ、ツルハHD川崎汽が上げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません