/

11月全国スーパー売上高、2.8%増 総菜など好調

日本チェーンストア協会が21日発表した11月の全国スーパー売上高は1兆868億円だった。既存店は前年同月比2.8%増で3カ月連続のプラスとなった。新型コロナウイルスの感染者数減少による行動自粛の解除で内食需要は減少傾向にあるものの、食料品の総菜などが好調だった。衣料品や住関品も堅調に推移した。

売上高全体の7割近くを占める「食料品」は既存店ベースで1.5%増だった。総菜が7.1%増と好調だった一方、内食需要の一服で農産品は0.7%減、畜産品が1.5%減、水産品は0.1%減となった。

気温の低下で季節商品が伸びた「衣料品」は1.2%増だった。日用雑貨品などの「住関品」は0.5%増だった。玩具、テレビゲーム、キッチンペーパー、シニア向けおむつなどの販売が好調だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン