/

この記事は会員限定です

<東証>三菱ケミHDが10カ月ぶり高値 抗ウイルス加工でコロナ不活性化、グループ会社が確認

[有料会員限定]

(10時45分、コード4188)三菱ケミHDが続伸している。一時、前日比37円10銭(5.5%)高の706円10銭まで上昇し、2020年3月以来約10カ月ぶりの高値をつけた。グループ会社の大阪化成(大阪市)と北里研究所(東京・港)との共同研究で、大阪化成が手掛ける抗ウイルス加工を施した生地に新型コロナウイルスの不活性化効果...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り153文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン